ダーツの歴史

ダーツの歴史は、14世紀頃のイギリスで始まりました。
ダーツは、薔薇戦争の頃、兵士がワイン樽に向けて矢を放って遊んだのが、その起源だとされています。
やがて、矢を手で投げるようになり、現在の短い矢へと変化しました。
的もワイン樽から木を輪切りしたものへと変わり、木の年輪や乾燥によるひび割れが、現在のダーツボードの得点システムの基となっています。
現在の得点システムを作成したのは、1896年のイギリスとされていて、ダーツの歴史は意外と浅いのです。
ブリッスルボードが発明されるまではダーツの的として木の輪切りを用いており、矢が刺さりやすくするために、木の輪切りを水につけて柔らかくするという工夫もしていました。
でも、使い込むにつれて木が傷み、不快な臭いが発生するという問題があったのです。
現在のブリッスルボードは、船舶用ロープに用いられるサイザル麻を圧縮して、輪切りにしたものになります。
初めてブリッスルボードを作成したのは、イギリスのノドア社ですが、社名の由来が「No Odor(臭わない)」ということからも、ダーツをする人が木の輪切りの不快な臭いを嫌がっていたことが窺えるでしょう。
現在では、ダーツは世界選手権などの公式競技が行われるスポーツとして、広く愛好されています。
ボードの狙った場所にダーツを命中させる技能性だけでなく、ゲームルールによっては、高度な戦略性も要求されるので、精神的な要因に結果が大きく左右される繊細なスポーツなのです。

お役立ちサイト・関連サイト紹介

返せない借金の相談を無料で
借金返済のことで弱っている方、一人で悩んでないで、司法書士・弁護士というプロに相談してみてはいかがでしょう?今頃では無料相談を受けてくれる相談事務所もありますので、借金返済問題に関しては、まずは無料相談して一歩を踏み出しましょう。